こんにちは、大人バレエアカデミーの猪野です。

大人バレエアカデミーではバレエを指導していく上で大切にしていることがあります。

それは「どうすればいいかを指導して、出来た時に出来ていると言ってあげること」です。

なんだか当たり前に聞こえますよね。

 

でも、出来ないことばかりを指摘されるばかりで、どうすれば良くなるかという指導を受けている人って意外と少ないです。

 

 

例えば、膝が伸び切らないという問題があったとして、「もっと膝を伸ばして」と注意したとします。

仮にその注意の後にも膝が伸びなくて、何回言っても改善されない場合、「膝を伸ばして」という言葉には効果が無いことがわかります。

 

恐らく生徒さんは膝を伸ばそうと頑張っています。

 

それでなお効果がないのであれば、どうすれば膝が伸びるのかを教える必要があります。

 

 

筋肉が使えてない?どこか硬い?立ち方?

その正解が見つかった時に、「それでいい」と言ってあげることで人間の動作の学習は身についていきます。

 

それを見極めて指導していくというのが指導としてやるべきことであり、大人バレエアカデミーの方針です。

指摘するだけで良くなるのであればそれで十分です。

でも、そうでない時にどうするかということを常に考えていきたいと思っています。

 

 

間違っても生徒本人に「なんでわからないの!?」なんて言いません。

その答えは常に、「教師に教える能力がないから」というものになるからです。

 

 

 

大人バレエアカデミーは大人の上達したいを応援する大人専門のバレエスタジオです。

体験レッスンも1000円で出来ますので、是非一度お試しください。

ポアントクラスも始まりました。

体験レッスンのお申込みは下記、大人バレエアカデミーのホームページよりお願いします。
https://personalballet.com/academy/reservation