こんにちは、大人バレエアカデミーの猪野です。

今回は硬い床は思いの外「危ない」というお話です。

 

床の柔らかさというのは、普段から健康的に踊ることはもちろんのこと、事故が起こってしまった時の保険のような役割も果たすのです。

 

皆さんはバレエをするときの床の柔らかさって感じますか?

 

硬い床も柔らかい床もそれほど違いを感じないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

硬さの違いは膝などを怪我してしまった人ほど感じやすいです。

床が硬いとすぐに膝に痛みがきたりしますから。

 

日常的には主に足首、膝、腰の負担に関わってくるのが床の硬さです。

プリエをうまく行ってないとくる人はすぐに関節が痛くなったりします。

 

コンクリートの上に薄いリノリウムを敷いただけの舞台で踊って本番後に膝が痛くなった、みたいな話はプロの世界では結構聞きます。

大人でバレエをしている方にはとても大事にしたい膝などの関節ですが、床が硬いともっと危ない事があるのです。

それに比べたら膝の痛みが可愛く思えます。

 

それは転んだ時に危ないということです。

 

当たり前のように聞こえますが、本当に危ないのです。

仮にどこかにつまずいてしまって、床に頭をぶつけたとします。

その時に身長が160センチの人であれば1.6mの高さが頭が床に落ちる訳です。

その時に衝撃を全く吸収しないコンクリートの上なのか、衝撃を吸収する床なのかで結果は全然変わってくるのです。

下手すれば死んでしまう衝撃ですから。

 

もちろん手をついたとしてもそこを骨折するかどうかにも関わってきますよ。

冒頭ので書いたように床の柔らかさというのは、普段から健康的に踊ることはもちろんのこと、事故が起こってしまった時の保険のような役割も果たすのです。

スタジオの床が硬くないか、そんなところもチェックするのも大事ですよ。

 

もちろん、大人バレエアカデミーの床はきちんと配慮した床になってます。

 

 

大人バレエアカデミーは大人の上達したいを応援する大人専門のバレエスタジオです。

体験レッスンも1000円で出来ますので、是非一度お試しください。

ポアントクラスも始まりました。

体験レッスンのお申込みは下記、大人バレエアカデミーのホームページよりお願いします。
https://personalballet.com/academy/reservation